銀座カラー 全身脱毛サロン紹介

銀座カラー 全身脱毛サロン紹介

銀座カラー
銀座カラーのおすすめポイント
  • 最新の脱毛機を導入しているので、ほくろやしみも施術可能!
  • 皮膚科医ドクターと共同開発した“美肌潤美”で脱毛後の肌がプルプル!
  • 学割やおともだち紹介など割引プランが充実している!
銀座カラーの脱毛データ
店舗数全国に36店舗(2015年6月)
2016年には14店舗がオープンし、計50店舗に拡大する予定。
営業時間平日 12:00~21:00  土日祝 10:00~19:30
※店舗によっては22:30までのところもアリ!
脱毛方法IPL脱毛(フラッシュ脱毛)
支払方法現金、カード決済、分割ローン
脱毛範囲両ワキ、両ヒジ下、両ヒジ上、両手の甲・指、両ひざ上、両ひざ、両ひざ下、両足の甲・指、えり足、背中(上)、背中(下)、腰、ヒップ、ヒップ奥、胸、乳輪周り、お腹、へそ周り、へそ下、Vライン(上部)、Vライン(サイド)、Vライン(Iライン)、顔、鼻下
イチオシおすすめプラン!
新全身脱毛コース
料金月額 9,900円+税
範囲顔以外の全身22カ所
  • 他サロンでは通常2年間で8回のところ、銀座カラーは1年間で8回の脱毛が可能!
  • まるっと全身を約60分で施術完了するので、何度も通わずに済む!
  • 新全身脱毛コースが1回300円+税で試せるプランあり!
  • 月額12,400円+税にすれば、全身22カ所に加え顔と鼻下も含まれるプランあり!
    ※ただし顔と鼻下は12回まで。
おすすめプラン2
VIOセットコース
料金月額 7,300円+税
範囲Vライン(上部)、Vライン(サイド)、Vライン(Iライン)、ヒップ奥
  • 見た目だけでなく衛生面においても良くなる人気のVIOラインが月額7,300円で脱毛し放題なのは魅力的!
  • VIOラインだけ脱毛したい人向け。

銀座カラーの良くないところや悪評を調査

人気サロンとして有名な銀座カラーでも、口コミや体験談を見てみると良い事ばかり書かれているわけではありません。

実際に通ってみて感じた事や、ホームページでは知ることのできない銀座カラーの裏話。

これらは銀座カラーで脱毛した事のある経験者でないと分からないことですよね。

1回きりの施術終わらない脱毛は、良い事よりも悪く評価されている事やデメリットに目を向けて選ぶのがポイントです。

しかし銀座カラーのデメリットばかり書かれても「評判を落としたいだけなのでは…?」と疑われるかもしれません。

そこで!人気のある他サロンとも比較しながら1つずつチェックしながら、銀座カラーが自分に合っているかどうかを判断していきましょう。)

銀座カラーの良くないところ

全身脱毛が料金が高い

銀座カラーの“新 全身脱毛コース”には、顔脱毛が含まれていません!

もし顔も一緒に脱毛したい場合は、2,500円追加する必要があります。

顔を含まない場合 月額9,900円       ↓プラス2,500円! 顔を含む場合   月額12,400円

しかも顔と鼻下は12回までと決められているので、もし12回で満足出来なかったら別途で顔脱毛に申し込む必要があります。

ちなみに他サロンの月額制を見てみると・・・

キレイモ⇒月額9,500円+税 脱毛ラボ⇒月額9,980円+税

で、それぞれ顔もしっかり含まれての金額です。

もし顔脱毛はしなくて良いと考えているなら銀座カラーでも十分だとは思いますが、顔も脱毛したい人にとって毎月プラス2,500円は結構大きく感じるでしょう。

予約が取りにくい

全国に展開中といっても、他サロンに比べればまだまだ少ないのが現状です。

その為、「店舗が少ないから予約が取りにく~い!!」という口コミもチラホラと見かけます。

※銀座カラー50店舗に対し、ミュゼは170店舗以上、エステティックTBCは150店舗以上、ジェイエステは100店舗以上とかなりの差があります。

しかし銀座カラーは店舗を増やすだけでなく新脱毛機を導入することで、施術時間を短くする工夫をしています。

要は回転率を早めることで1日に受け入れられるお客の数を増やす、という秘策です。

例えば今まで10人までしか受け入れられなかった店舗が新脱毛機導入によって15人まで増やせたら、単純に1日5人のお客を増やすことができるということになります。

この秘策によって予約の取りにくさは少しずつ改善されているようです。

店舗数が少ない

北海道エリア1店舗
東北エリア2店舗
関東エリア28店舗
北陸エリア1店舗
東海エリア3店舗
近畿エリア6店舗
九州エリア1店舗
合計42店舗(2016年3月オープン予定店舗含む)

銀座カラーが展開しているそれぞれのエリア店舗数です。

見て分かるように関東エリアに集中していますよね。

東京都だけで16店舗と首都圏や都心部を中心に展開しているように思えます。

地方に住んでいる人にとってはそもそも対象外のサロンという印象を受けます。

銀座カラーの悪評に負けない良いポイント

保湿が人気

脱毛後のケアと言ったらジェルやローションが一般的ですが、他サロンの場合はさっと塗って完了するところがほとんどです。

ダメージを受けている肌にはもう少し丁寧にケアしてもらいたい!と、思ったことがある人も多いのでは!?

そんな人には銀座カラーの“美肌潤美”がおすすめです。

美肌潤美は銀座カラーオリジナルのサロンケアで、コラーゲンやヒアルロン酸、天然ハーブなど6種類の美容栄養成分を高圧噴射し保湿します。

高度なケアのお陰で、ダメージを受けているはずの脱毛後の肌の保湿力は95%と高く、施術前よりも潤いを感じるかもしれません。

施術時間がほかサロンと比べても60分と短い

他サロンでは1回の施術を全身の3/1や2/1に分けて行うのが一般的です。

しかし銀座カラーでは1回の施術で全身まるっと脱毛するので、あとは毛周期に合わせて来店すれば済みます。

つまり来店する頻度が最短1カ月に1回なので、1か月に2回も来なければいけないサロンとは違い焦らず自分のペースで通うことができます。

「通う頻度は少なくて済むけど、施術時間が長そう…」と思いますよね。

しかし銀座カラーでは新脱毛機を導入し、全身の施術時間が約60分でできるようになっています。(他サロンでは全身を脱毛するとなると3時間掛かるところも…)

施術時間が短ければ脱毛中の寒さや、部位によっては辛い姿勢を保たなければいけないので、そういったところも改善されます。

営業時間が長い

21:00まで営業しているので会社帰りにも立ち寄りやすいサロンです。

さらに銀座プレミア店・新宿東口店・池袋店・立川店・横浜エスト店・千葉船橋店では営業時間を22:30まで延長!

これなら残業をしても、食事を終えた後でも十分間に合いますね。

土日は混みやすいから平日に行きたいけれど21:00以降でないといけない…、という人にぴったりです。

メリットとデメリットを比較した結果

今まで“予約が取りづらいサロン”というイメージが定着していた銀座カラーですが、新脱毛機を導入したり、一部店舗では営業時間を延長したり、店舗数を続々と増やしたり…いろいろな改善が見られます。

以前に比べると予約も取りやすくなり、施術の中身も良くなりました。

しかしそれでも中々、予約が取りづらいというイメージが払拭されていないので逆に今が狙い目なのかもしれません。

顔を含めるとキレイモや脱毛ラボなど他サロンのほうが安くて済みますが、顔を含めなくても良いなら銀座カラーで十分なのでは…?

それに施術後のケアが丁寧なのはかなり魅力的です。


ページのトップへ