Q&A 自己処理方法の手法について

Q&A 自己処理方法の手法について

自己処理方法の手法について

自己処理はどんな種類の道具を使って自己処理するのがいい?いろいろな方法を考えてみました!

Q. Panasonicのソイエはサロン脱毛中は使用禁止?

A. Panasonicのソイエは脱毛サロンに通っている人、もしくはこれから通おうと予定を立てている人には不向きのムダ毛処理法なので、もし使用している場合はすぐに中断するようにしてください。

そもそもソイエは毛を抜いてしまう脱毛器であり、施術中に照射するはずの毛根がない状態にしてしまいます。

これでは脱毛サロンに通っている意味がなくなってしまいます。

的確に脱毛効果を得るためには毛根がある状態にしておかなければいけないので、ソイエの使用は禁止です。

Q. ワックス脱毛はしてもいい?

A. ワックスを塗り専用シートを上から貼って一気に抜くワックス脱毛は、毛の流れに逆らってムダ毛処理するので毛穴が皮膚表面に浮き出し、赤いブツブツができる可能性が大!

また肌に優しい成分のみで作られている商品もありますが、それでも肌への負担が0というわけではありません。

肌が弱い人やアトピー性皮膚炎の人などは特に刺激を受けやすく、赤みや痒みが出るといった肌トラブルを起こす可能性も十分にあり得ます。

ワックス脱毛は毛抜きと同じく毛根から抜くので、脱毛サロンに行く予定がある人は絶対に避けるべき処理法です。

Q. カミソリは使っていい?

A. 使って悪いわけではありませんが、正直おすすめ出来ない自己処理です。

理由としてはリーズナブルで簡単にムダ毛処理ができるカミソリは、刃が直接肌に触れるのでダメージは思っている以上に大きいからです。

肌が荒れて乾燥しやすくなったり、使い方を誤れば傷を負うこともあります。

また使い続ければ黒ずみにも発展してしまい見た目も悪くなるので、早めに脱毛へと切り替えたほうが良いでしょう。

Q. フェリエはどのタイプがいい?

A. フェイス用やボディ用、それにシェーバータイプや電気シェーバータイプなど種類豊富に発売されているフェリエは脱毛サロンでもオススメされるほど優秀なシェーバーです。

その中でも全身脱毛を控えている、もしくは脱毛真っ最中の人にはPanasonicの電気フェイスシェーバーがオススメ!

小回りが利くのでVIOラインなど細かい部分のムダ毛を処理するに似も適していること、電気なので余計な力を加えずに処理することができること、この2点がポイントとなります。

Q. Panasonicサラシェは使える?

A. 脱毛器ではなく全身に使えるシェーバーなので、脱毛前の自己処理用として使うことは可能です。

またサラシェは防水加工されているので、お風呂に入りながら使えるのが魅力のひとつとなっています。

ただし、小回りが利くシェーバーではないので顔やVIOラインなどのムダ毛処理には不向きです。

サラシェは腕や足、背中などの広い範囲用として割り切ると良いでしょう。

Q. VライントリマーはVライン処理に必要?

A. VライントリマーはVラインの毛の長さを調節するのに便利なヒートカッターです。

カミソリやシェーバーとは違い、毛先がチクチクしないので下着からツキ出る心配もありません。

Vラインのモジャモジャでボリューム感ある毛を減らしたい、毛の長さを揃えたいという人にオススメなので、Vライン処理にもかなり重宝するでしょう。

Q. 深掘り電動シェーバーはいい?

A. 深堀り電気シェーバーはキレイにムダ毛処理ができるので、普段から愛用している人は多いかと思います。

しかしキレイに処理できる半面、肌への負担は想像以上に大きいものです。

深堀り電気シェーバーは刃が直接肌に当たるので、毛だけでなく角質まで剃ってしまいます。

その結果、目には見えない細かな傷が所々ついてしまい、脱毛中に赤みや痒みが出るなどの肌トラブルを招くことにもなり兼ねないので使用は中止するようにしましょう。

Q. 除毛クリームは利用可能?

A.除毛クリームは皮膚表面に出ている毛を溶かして処理するので、毛根に影響を及ぼすことはありません。

その為、脱毛期間中であっても利用することはできます。

ただ、場合によっては炎症を起こしたり痒みが出るなどの肌トラブルに発展することもあるので、肌の状態が良くない時やホルモンバランスが崩れがちな時(睡眠不足やストレスなど)の使用は控えるようにしましょう。

脱毛前日、前々日の自己処理には使わないのが無難かもしれません。

Q. 抑毛ローションの利用は効果が高い?

A.抑毛ローションは即効性はないものの、少しずつだけれど確実に効果が得られる商品です。

今すぐにこの毛をどうにかしたい!という人には魅力的に感じないかもしれませんが、肌に優しい成分で作られているものを使用したい、少しずつ毛量を少なくしたい、という人にはピッタリと言えるでしょう。

近年では、パイナップルや豆乳の抑毛ローションが高い効果を得られると話題になっています。

Q. 部位別で自己処理用品の用意した方がいい?

A. 腕や足、背中などの広い範囲用・顔やVIOラインなどの狭い範囲用に分けておくと便利です。

またVIOラインのムダ毛処理に使った処理用品を顔に使うのは抵抗がある…、という人はそこでも使い分けるように小回りの効くアイテムを用意しておくと良いでしょう。

部位別によっては外部からの刺激を敏感に感じ取ったり、皮膚の薄いところや厚いところなどバラバラなので、全身を同じ処理用品で統一しないようにしてください。

関連記事

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

キャンペーンでお試し脱毛しておけば間違いない!

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

月額制コースの仕組みを知ろう。どっちの月額制がおトクなの?!

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛の効果をあげるために注意しておきたい、してはいけないこと。


ページのトップへ