家庭用脱毛器の選び方

効果あり!おすすめの家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器の選び方のイメージ

自宅で全身脱毛できる!?家庭用脱毛器がおすすめ!

家庭用脱毛器があれば自宅で手軽に全身脱毛ができちゃいます!
しかし、家庭用脱毛器といっても種類が多くて、どれが良いのかイマイチ分からないのがホンネではないでしょうか?
まずは脱毛器の種類から効果の感じ方・脱毛可能範囲まで、家庭用脱毛器の本体価格だけではわからない選び方を紹介します。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器といっても主に5つのタイプのものがあります。 それぞれの特徴、メリット・デメリットを抑えてどれが1番自分に合っているのか、そこを見極めないと脱毛器選びで失敗する可能性大! 中には5万円以上する脱毛器もあるので、しっかり見定めていきましょう。
光脱毛式(フラッシュ脱毛)
ほとんどのサロンで導入している脱毛方法です。レーザー式と同じく、特殊な光を毛に当てることで脱毛効果を得ることができます。
ただ、レーザー式よりもパワーが弱いので、脱毛効果を実感するまで1~2年は掛かると思っておいたほうが良いでしょう。
効果 ★★★★☆
痛み ★★★☆☆
メリット
  • 照射範囲が広いので、時間短縮につながる
  • 痛みが少ない
  • 期間は要するが、脱毛効果はしっかり得られる
  • 肌への負担が少ない手軽にムダ毛処理ができる
デメリット
  • レーザー式よりも効果は落ちる
  • 期間と回数が多くなりがち
  • 地黒や日焼けした肌はNG
導入している脱毛器 ケノン・センスエピG・ラヴィ
レーザー式
黒い毛にアプローチし、毛を育てている毛根(毛乳頭)にダメージを与え脱毛します。医療脱毛と同じ仕組みですが家庭用のものはパワーが抑えられているので、医師や看護師でなくても手軽に使える脱毛器となっています。
効果 ★★★★★
痛み ★☆☆☆☆
メリット
  • 効果が高い
  • 早い段階で効果を実感できる
  • 医療脱毛が手軽にできる
デメリット
  • 痛みが強い
  • 照射範囲が狭いので、時間が掛かる
  • 肌への負担が大きい
  • 地黒や日焼けした肌はNGテキストがはいります
導入している脱毛器 トリア
サーミコン式
熱線式脱毛とも呼ばれているサーミコン式ですが、実際のところ脱毛器ではなく熱で毛を切る除毛器となっています。
毛を切る時の熱が毛根に伝わり、そのダメージによって生えてくるスピードを遅らせる効果はあるものの、脱毛効果は期待できません。
熱線は肌に直接触れることはないので熱さを感じることはないし、カミソリやシェーバーよりも肌への負担が少なく済むという点で人気を集めている脱毛器です。
効果 ★☆☆☆☆
痛み ★★★★★
メリット
  • 手軽にムダ毛処理ができる
  • 肌への負担が少ない
  • 完全無痛
  • 毛周期を遅らせる
  • 仕上がりがキレイ
デメリット
  • 脱毛効果は少ない
導入している脱毛器 ノーノーヘアー
バルジ式
レーザー式や光脱毛式は毛根を狙いますが、バルジ式では発毛因子を作る幹細胞のバルジを狙って毛の再生を止めます。
バルジは毛根よりも皮膚に近い所にあるので、弱い光でも十分効果が狙えるため肌への負担も少なく、ほとんど痛みを感じることはありません。
ちなみに医療用のバルジ式脱毛器としては「メディオスターNeXT PRO」があり、湘南美容外科やリゼクリニックなど大手医療機関で採用されています。
効果 ★★★☆☆
痛み ★★★★☆
メリット
  • 痛みが少ないのに効果はしっかり
  • 肌へのダメージが少ない
デメリット
  • 症例が少ない
  • 脱毛器が高額
導入している脱毛器 Need
高周波式
ピンセット状の器具で毛を挟み、高周波を流すことで毛根まわりの組織を破壊し脱毛効果を与えます。
ほとんど痛みを感じることなく毛を抜けるので、皮膚の薄い部分にもおすすめです。
最大の特徴は、光を使わずに脱毛できること!そのため、目の周りにも使えるので眉毛や眉間などのムダ毛処理にも最適です。
効果 ★★☆☆☆
痛み ★★★★☆
メリット
  • 目の近くの毛を処理することが可能
  • 痛みが少ない
  • 地黒や日焼けした肌も使用可能目の近くの毛を処理することが可能
  • 地黒や日焼けした肌も使用可能
デメリット
  • 1本1本処理するので時間と手間が掛かる
  • 細かい作業が強いられる
  • 埋没毛ができるリスクがある
導入している脱毛器 エムジョイビューティコンパクト・ケノン(眉毛専用)

家庭用脱毛器の効果の違い

どのタイプの家庭用脱毛器を選ぶかによって、脱毛方法は変わってきます。脱毛方法が違えば効果の表われ方にも違いが出てくるので、家庭用脱毛器を選ぶ際は特に重視して考えたほうが良いでしょう。

どれが1番効果の高い脱毛器?

5つの脱毛方式の中で効果の高さに順位を付けるなら…
効果の高い順位
  • 1位 レーザー式
  • 2位 光脱毛式
  • 3位 バルジ式
  • 4位 高周波式
  • 5位 サーミコン式

となります。
そしてまた違うのは効果の高さだけでなく、どの脱毛器を使用するかによって効果の表われ方にも違いが出てくるのです!

脱毛完了時期効果の表われ方
レーザー式 1年~1年半 毛根に直接ダメージを与えるので、効率よく脱毛することが可能。だいたい2週間ほどで自然に抜け落ち、6回~8回で効果に満足する人が多い。
光脱毛式 1年半~2年 レーザー式と同じ原理。複数の波長で広範囲に照射できるので、脱毛範囲は広いものの出力レベルはレーザー式よりも劣る。
バルジ式 約3年 発毛因子であるバルジを特殊な光で破壊し、毛が生えてこないようにするが、効果を実感するまで時間が掛かる。
高周波式 約5年(それ以上になる場合も…) 発毛因子であるバルジを特殊な光で破壊し、毛が生えてこないようにするが、効果を実感するまで時間が掛かる。
サーミコン式 × 毛周期を遅らせる効果があるので、毛が生えてくるスピードが若干遅くなる。ただし、使用を止めれば元に戻るので脱毛効果は期待できない。
※脱毛完了時期はあくまでも目安です。出力レベルや肌の状態などによって変わってくるので、参考までに留めてください。

家庭用脱毛器はコスパが高い?IPL脱毛器

IPL(フラッシュ)式と言えば、多くの脱毛サロンでも導入している脱毛器としてお馴染みです。そんなIPL式を採用している家庭用脱毛器は多くあり、本体価格や照射面積、使い勝手の良さなどから選ぶことができます。

IPL脱毛器を選ぶ最大のポイントは“カートリッジ”!?

照射範囲が広く、レーザー式よりも肌に優しいなどたくさんのメリットを持つIPL脱毛器ですが、実はカートリッジ補給という他の脱毛器にはない手間とコストが掛かる弱点があります。
これはIPL脱毛器の数少ないデメリットであり、しっかり調べていないと脱毛サロンよりも総額が高くなる場合も…!

※カートリッジとは?

照射回数に制限のある消耗品で、打ち切ってしまうと使えなくなってしまいます。そのため、照射回数を超えたカートリッジは新しいカートリッジに交換しなければいけません。

そのため、IPL脱毛器を選ぶ際は本体価格以外にもチェックしておくべきポイントがあるのです。
① カートリッジ価格
本体とは別に掛かるコストです。カートリッジを交換する度に掛かるので、安ければ安いに越したことはありません。
② 最大照射数
照射数が多ければ、カートリッジの交換頻度は少なくて済みます。
③ 最大照射面積
照射数が多くても面積が狭ければ、その分照射数が多くなってしまいます。なるべく照射面積が広いものを選ぶと◎です。
④ 1ショット単価
「価格÷照射数」で出します。もちろん安ければ安いほどお得です♪ これらを踏まえて、どのIPL脱毛器が1番お得なのか比較してみましょう。

カートリッジが必要なIPL脱毛器

表はスライドしてご覧いただけます
ケノンイーモリジュセンスエピヒカリエピプロ
カートリッジ価格 9,800円 8,400円 5,400円 4,800円
最大照射数 200,000発 18,000発 750発 1,500発
最大照射面積 3.7cm×2.5cm=9.25㎠ 2.9cm×1.5cm=4.35㎠ 2.0cm×3.0cm=6.0㎠ 3.4cm×2.1cm=7.14㎠
1ショット単価 0.049円 0.46円 7.20円 3.20円
この中で、ケノンが断然コスパの優れている脱毛器だというのは明確ですね。IPL脱毛器を選ぶ際は、本体価格だけでなくカートリッジのほうもチェックしておきましょう。特に脱毛する範囲が広かったり、家族と共有するなど使用頻度が多くなりそうな人は要チェックです!

人気の家庭用脱毛器の7機種を比較!

家庭用脱毛器の種類は多くて、どれが良いのかイマイチ分かっていない人も少なくないはず。
そこで、特に人気の高い家庭用脱毛器7種類をココだけは抑えておきたいポイントごとに比較してみます!本体価格だけに捕われず、使い勝手の良さやコスパもしっかり確認しましょう。

脱毛方式本体価格カートリッジコスパ
1ショット単価
ケノン 光脱毛(IPL式) 69,800円 要:9,800円
(200,000発)

0.049円
センスエピ 光脱毛
(IPL式)
37,000円 要:5,400円
(750発)
×
7.20円
トリア レーザー脱毛 49,800円 不要
約1年の使い切り型

0.14円
イーモリジュ 光脱毛
(IPL式)
89,000円 要:8,400円
(18,000発)

0.46円
ノーノーヘアー サーミコン 29,800円 不要
約1年の使い切り型
モーパ・プロ 光脱毛
(IPL式)
49,800円 要:6,300円
(8,000発)

0.78円
ヒカリエピ 光脱毛
(IPL式)
24,800円 要:4,800円
(1,500発)

3.20円
照射の広さ使用可能な部位オプション
ケノン 3.7cm×2.5cm =9.25㎠ 全身
(顔・VIOラインもOK)

美顔エステ
眉毛脱毛
センスエピ 2cm×3cm =6.0㎠ 全身
(顔・VIOラインもOK)

美顔エステ
トリア 1cm×1cm =1㎠ 顔を除いた全身 ×
特になし
イーモリジュ 4.35㎠ 全身
(顔・VIOラインもOK)

美顔エステ
ノーノーヘアー 腕・足・ヒゲ ×
特になし
モーパ・プロ 3.1cm×2.1cm =6.51㎠ 全身
(顔・VIOラインもOK)

美顔エステ
ヒカリエピ 2.0cm×3.5cm =7.0㎠ 全身
(目から下)

美顔エステ

自宅でできるから恥ずかしくない!家庭用脱毛器はVIO脱毛におすすめ

「VIO脱毛はしたいけど、サロンでするのは恥ずかしい…」
「スタッフは見慣れているかもしれないけど、やっぱり抵抗はある…」
こんな悩みを抱えて、なかなかVIO脱毛に踏みこめない人もいるのでは?人にお願いするのが嫌なら、家庭用脱毛器を使って自分でVIO脱毛しちゃいましょう♪
実は、近年の家庭用脱毛器は安全性が高く、デリケートゾーンにも使用可能となっている機種がたくさん販売されているのです。
「VIOも脱毛したい!」そんなあなたにピッタリの脱毛器の選び方を紹介します。

自分でするから照射レベルが調整できる家庭用脱毛器

VIOラインは体の中でも特に皮膚が薄く、デリケートな部分です。
そのため、腕や足よりも照射レベルを下げずに脱毛してしまうと火傷や炎症を起こしてしまう場合も…!照射レベルが調整できるものなら、全身脱毛にも打ってつけです。

気になる黒ずみにも照射可能な家庭用脱毛器

黒い色(メラニン)に反応する脱毛器は黒ずみにも反応するので、火傷などの肌トラブルを起こす元となります。
ただ、家庭用脱毛器で黒ずみ対応可能なタイプは数少ないのが現状なので、黒ずみ対応可能な脱毛器を探すよりも出力レベルを下げて肌になるべく負担が掛からないように脱毛する、と考えたほうが現実的です。

VIOは痛みが感じやすい部位だから痛くない家庭用脱毛器

VIOラインは皮膚が薄いうえに粘膜に近いため、他の部位に比べて痛みに敏感な部分です。
なるべく刺激が抑えられているものを選ぶと、スムーズに脱毛することができます。

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器

「照射レベルが調整できる」「黒ずみも照射可能」「痛みが弱い」この3つのポイントを踏まえ、VIO脱毛ができるおすすめの家庭用脱毛器を紹介します。
VIO脱毛ができれば全身脱毛も可能!

表はスライドしてご覧いただけます
痛み出力段階ポイント
ケノン ほぼ無痛 10段階 IOラインは推奨されていないが、出力段階を下げれば脱毛可能。多くの人がVIO脱毛に使用している。
イーモリジュ ほぼ無痛 10段階 肌への負担を軽減する“トリプルショットモード”搭載。出力段階も10まであるので微力調節可能。
モーパ・プロ ほぼ無痛 8段階 照射時間の短さとフィルターの効果のお陰で、他機種と同じ出力レベルでも痛みや刺激が少ない。
ラヴィ ほぼ無痛 7段階 IPL式の光脱毛。1ショット単価は0.2円とコスパも優れていて、痛みも少ないと評判。
ヒカリエピ 若干あり 3段階 全身向きの家庭用脱毛器。出力段階は「太く濃い毛用」「細く薄い毛用」「フェイシャル用」に分かれている。

家庭用脱毛器と医療脱毛や脱毛サロン。比較して効果・コスパは?

効果の高さだけを考えると医療脱毛に勝るものはないけど、コスパ面ではカートリッジ代を含めても家庭用脱毛器のほうが安く済むでしょう。
自宅に居ながら空いた時間にいつでも脱毛できるので、予約時間などに縛られることはありません。ただ、うなじや背中、腰など自分では手が届かない部分を処理するのはちょっと大変かもしれないので、全身まるっと脱毛するなら無理せずに脱毛サロンに行くのも1つの方法です。

オシャレ上級者になると家庭用脱毛器と医療脱毛or脱毛サロンを併用している人も多いとか…。
万が一、コース終了した後にムダ毛が再生しても家庭用脱毛器があればすぐに対応できるし家族とも共有できるので、一家に一台は置いておきたいですね。

1台持っておくならこの家庭用脱毛器

ケノン

数ある家庭用脱毛器の中から1台選ぶとしたら断然、ケノンです!
特に「長く愛用したい人」「全身脱毛したい人」「家族と共有したい人」
「脱毛と一緒に美顔エステもしたい人」におすすめです♪
ケノンのおすすめポイント
  • 本体価格は高いけど、コスパは断然安い!
  • 全身脱毛可能!
  • 照射範囲が広い!
  • 日本製だから安心!
  • ヒゲ脱毛もできるので男性も使える!
  • 美顔器搭載!
  • 10段階の調整可能!

ページのトップへ