全身脱毛には日焼け厳禁!日焼け防止対策を紹介

「サロンで日焼けNGって言われたけれど、何でダメなの?」こんな疑問を解決します。 

日焼けNGなら正しい防止対策を身につけるようにしましょう。

もしかしたらその日焼け対策間違っているかも!?この機会に日焼け防止対策を見直してみませんか?日焼け防止対策で失敗ゼロへ!

全身脱毛したいなら日焼け厳禁!その理由は?

“脱毛期間中は日焼け厳禁!”と言いますが、なぜダメなのかきちんと理由を把握していますか?

理由を知っているのと知らないのとでは、日焼け対策に対する意識も変わってくるものです。

日焼け厳禁の理由は主に3つ!

理由を知れば納得!この機会に確認しましょう。

全身脱毛の効果が薄れるから

脱毛器はメラニン色素、つまり黒色に反応して脱毛効果を促すように作られています。

その為、日焼けによって肌が黒いと照射ターゲットが定まらず集中しなくなり、結果的には毛穴の奥までパワーが伝わらず十分な脱毛効果が得られなくなってしまうのです。

また、日焼けは乾燥肌の原因にもなります。 乾燥がひどければサロンで施術を受けられない場合もあるので、計画通りに進められなくなってしまうことも…!

脱毛機を照射中の痛みが感じやすくなる

紫外線の影響によって、肌は黒くなるだけでなく乾燥状態にも陥ってしまいます。

乾燥した肌は刺激を感じやすく過敏に反応してしまうので、脱毛器による刺激も受けやすくなります。

さらに肌が黒ければ必要以上にレーザーが反応してしまうので、これも痛みを感じやすくなる原因のひとつでもあるのです

脱毛後の肌トラブルが起きやすくなる

そもそも日焼けは軽い火傷をした状態であり、脱毛すれば更に火傷は悪化してしまいます。

また紫外線を受けた肌は乾燥状態に陥りやすく、脱毛によって乾燥が進行。

シミやそばかす、色素沈着の原因にも繋がるのです。

つまり日焼けした肌は万全な状態ではないので、様々な肌トラブルへと発展する可能性!ということです。

以上、3つが“日焼け厳禁”とする理由です。

日焼けした場合、サロンによっては施術自体お断りしているところもあるので、十分に気をつけてくださいね。

パーフェクトな日焼け防止対策で夏でも全身脱毛

毎日のちょっとした心がけで日焼け対策ができるって知っていましたか?

日焼け対策というと日焼け止めやUVカット加工のアイテムを使うイメージが強いですが、実は食生活や日々の生活の中から改善できることはあるんですよ。

食生活で日焼けしにくくする

鮭やイクラ 強い抗酸化力を持つアスタキサンチンを多く含んでいるので、日焼けやシミ防止にも効果的。
レバー 動物性のビタミンA(レチノール)を多く含んでいて、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる。 また緑黄色野菜も体内にいれることでビタミンAに変わるので、レバー同様、皮膚を正常に保つことができる。
オリーブオイルやナッツ類 血行を良くするビタミンEを多く含んでいるので、肌のターンオーバーを促進するのに効果的。
パプリカや蓮根、じゃがいも コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを多く含んでいて、メラニン生成や逆に抑える働きを持っている。

逆に日焼け対策には向いていない食材にきゅうり・レモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイ・ファーストフード・インスタント食品・冷凍食品・アルコールなどが挙げられます。

日焼けの炎症を促進したり、紫外線を吸収する、肌のターンオーバーを妨げるなどの働きがあるので、脱毛期間中はなるべく避けたほうが良いでしょう。

就寝1時間前はスマホやタブレット、パソコンを使用厳禁

スマホやタブレットが日焼けに関係あるの?と思うかもしれませんが、実は大あり!

メールチェックしてから寝よう…、とスマホやパソコンなどをいじってから就寝していませんか? 寝る前のメールチェックはエスプレッソ1杯分と同じくらいの覚醒効果があると言われてます。

特に悪いのがスマホをいじりながらの寝落ち。

脳が覚醒したまま寝てしまうと睡眠の質が悪くなり、肌のターンオーバーの妨げにも繋がります。 脳の興奮を抑える為にもスマホやパソコン、タブレットなどの使用は就寝1時間前に終わらせるようにしましょう。

最強!日焼け防止アイテムで紫外線と戦う

日焼け防止対策にピッタリの商品をご紹介します。

日焼け止めのSPFとPAの使い分けをマスターする

日焼け止めにも様々な種類がありますが、用途によって使い分けることが必要です。

そもそも紫外線には

  • 日常生活での紫外線 UV-A
  • レジャーでの紫外線 UV-B 

があります。

よく日焼け止めに表記されているSPFはUV-B防止に、PAはUV-A防止に役立ちます。

使い分けるポイント
  • 屋内で過ごす時間帯が多い、紫外線量が少ない日  ⇒SPF20 PA++
  • 営業など外回りの仕事がメイン、屋外で過ごす時間帯が多い  ⇒SPF30 PA+++
  • 海やプールなどレジャー、紫外線量が多い日 ⇒SPF50 PA+++

…といったように紫外線量や、紫外線に当たっている時間の長さなどを考えながら選ぶと良いでしょう。

SPFが30以上の日焼け止めは紫外線はカットされますが、その分、肌への負担は大きいので屋内で過ごす時間帯が多い日などはSPFが20以下の物にするなどの工夫が重要となります。

UVカット加工のある服やアームカバー

「長袖を着ていれば日焼け対策になるだろう…」と思われている人は多いかもしれませんが、実はUVカット加工でなければ長袖でも紫外線を通してしまうんです。

その為、UVカット加工になっている洋服を選ぶことが鉄則となります。

また洋服の色についてですが、紫外線カットに最も効果的なのは黒です。

しかし毎日黒い服を着るわけにもいかないし、そもそも黒はあまり好きじゃない人だっていますよね。

しかし安心してください。 UVカット加工になっている洋服ならどんな色でも大丈夫です!

特にパーカーのような羽織れる洋服は利便性が良いので、1枚持っておくと便利でしょう。

日傘・帽子・サングラス

紫外線の強い日は洋服だけでなく、日傘や帽子も活用して万全な日焼け対策をするのが望ましいです。

注目したいのはサングラス。目で受けた紫外線でもメラニン色素が反応するので眩しい日差しをカットするのも忘れずに!

色は紫外線を反射しない黒が効果的ですが、それ以外の色でもOK!

UVカットスプレー

お気に入りの服を着たいけれどUVカット加工されていない…、という時に役立つのがUVカットスプレーです。

洋服の上からスプレーするだけで、約80%の紫外線をカットしてくれます。

またUVカットスプレーを使うことで着心地が悪くなったり、服にシミが出来るなどのトラブルもないので安心して使えます。

また、日焼け止めを全身に塗るのが面倒だな、なんて時にもサッとひとふきで使える手軽さも嬉しいです。

服にも肌にも髪の毛にも使える万能の物も多いので1本は準備しておくと便利ですよ。

脱毛期間中はいつも以上に日焼け対策を万全に!

機能性の良いアイテムも豊富にあるで、臨機応変に活用していきましょう。

もし日焼けしてしまった時の徹底ケア法

いろいろと対策をしたけれど日焼けしてしまった…なんてことも、もしかしたらあるかもしれません。

そんな時どうすればいいのか、適切な方法を知っておくこともまた大事なことです。 ポイントは“できるだけ早く日焼けダメージを回復させる”こと!

そしてその為には、ターンオーバーを促進させることがポイントとなります。

ターンオーバーを促進させる方法
  • 22時~2時のゴールデンタイムは熟睡モードに
  • ビタミンCを摂取する
  • こまめに保湿する

以上の3つを行うことで、いち早く日焼けダメージ回復に繋がります。

しかしこれはあくまでも、脱毛施術日まで1週間ある場合に適した徹底ケア法となります。 もし施術日に紫外線が原因で赤くなっている場合は、施術不可となる可能性が非常に高いのでスッパリ諦めて早めに次回の予約をとることが望ましいでしょう。

日焼け防止対策でいつでも全身脱毛できるようにする

日陰歩いているから大丈夫!

長袖を着ているから日焼け止めなんて必要ない!なんて甘い日焼け対策ではすぐに日焼けしてしまって全身脱毛なんてできません! 日焼け防止の効果を高めたいなら

生活の中からできる日焼け対策
  • 日焼け対策に打ってつけな食材・NGな食材を見極める
  • 就寝1時間前はタブレットやスマホ、パソコンの使用不可
日焼け防止アイテムを正しくフル活用
  • 日焼け止めの使い分け
  • UVカット加工の洋服を着る
  • UVカット加工の帽子・日傘・サングラスを活用
  • UVカットスプレーを活用

さらに日焼けしてしまった時の適切な対処法を知っておけば、脱毛もスムーズに進められるはずです。

さて、今まで行ってきたあなたの日焼け防止対策はどこまでできていましたか? まだ対策不足だったら今すぐ取り入れてやってみましょう!

関連記事

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

キャンペーンでお試し脱毛しておけば間違いない!

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

月額制コースの仕組みを知ろう。どっちの月額制がおトクなの?!

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛の効果をあげるために注意しておきたい、してはいけないこと。


ページのトップへ