全身脱毛の効果ってどれくらい?<効果持続期間>

全身脱毛したいけど永久脱毛ってできるの?

脱毛を受けてから、しばらくするとまた毛が生えてくるような気がする。

全身脱毛したのにところどころ毛が生えてたりすると綺麗じゃない!

脱毛の効果を持続させる、永久脱毛する方法はあるのか?

脱毛の方法や何回ぐらいの脱毛をすればいいのか?

そしてどれくらいの期間がかかるのか?などを脱毛の部位別やムダ毛の生えるサイクルなど注意したいポイントで調査してきました!

全身脱毛の効果を永久に得ることができるのか?

残念ながら脱毛の効果は永久ではありません!

これは脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛、そして医療機関で受けられる医療レーザー脱毛どちらにも言えることです。

「えっ!?永久脱毛として宣伝しているのを見かけたことがあるけれど…。」と思った人もいるのではないでしょうか?

確かに医療レーザー脱毛=永久脱毛というイメージが強いですし、近年では脱毛サロンでも永久脱毛が可能!と宣伝していますよね。

「それじゃ、客寄せの為に嘘の宣伝をしているの!?」と不信感を抱いてしまう人も少なくないでしょう。

脱毛サロンも医療機関も嘘の宣伝をしているわけではなく、そもそも永久脱毛という言葉自体が誤解を招きやすいと言ったほうが正しいかもしれません。

永久脱毛=一生ムダ毛が生えてこない、というイメージを抱きがちですが実はこれ、大きな間違いであり、正しくは“最終脱毛を終えてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である場合”を永久脱毛と言うのです。

つまり、1カ月を過ぎてからムダ毛がピョコっと出てきたとしても毛の再生率が20%以下なら、それは永久脱毛とみなされるということです。

しかし毛の再生率が20%以下かどうかなんて自分では分からないのに、もしサロンや医療機関側から「永久脱毛の効果を得られていますよ」なんて言われたら、「そうなんだ~」と納得せざるを得ないですよね。

ちなみに現在のところ、一生ムダ毛が生えてこなくなる脱毛法はひとつひとつの毛穴に作用する“ニードル脱毛”のみと言われています。

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛も効果は高いと注目されていますが、本当の意味での永久的な効果までとはいかないのが現状です。

全身脱毛は効果の持続時間が長い脱毛方法を選ぼう!

永久脱毛ではないのなら、出来るだけムダ毛の処理をしなくていいようにしたいですね?

どの方法でムダ毛の処理をすれば、効果の持続期間がより長く続くのか?脱毛方法別で紹介します。

脱毛方法別!効果の持続時間

脱毛法メリットデメリット持続時間
光脱毛 ・肌を綺麗にしながら出来る
・痛みが少ない
・単価が安い
・回数が多く必要
・時間がかかる
・費用がかかる
3~4週間
レーザー脱毛 ・自己処理の回数が減る
・施術回数が少ない
・効果が見えやすい
・医師がいて安心・安全
・やけどのリスクがある
・費用が高い
・痛みが強い
・硬毛化や増毛化することもある
3~4週間
ワックス脱毛 ・火傷のリスクが無い
・毛質を問わない
・ピーリング効果あり
・痛みがある
・色素沈着のリスクあり
・脱毛ではなく除毛
3~4週間
脱毛テープ ・簡単に処理できる
・広範囲を処理できる
・痛みがある
・埋没毛のリスクあり
3~4週間
毛抜き ・簡単に処理できる
・リーズナブル
・痛みがある
・肌トラブルを起こす
3~4週間
カミソリ ・一気に処理できる
・リーズナブル
・簡単にできる
・乾燥を引き起こす
・肌への負担が大きい
・すぐに生えてくる
2~5日程度

どの方法に関しても1カ月未満しか脱毛効果は持続しないことが分かりますね。

ですが、「効果を持続させる」と言うことを考えると、光脱毛とレーザー脱毛は回数を重ねると効果の持続する期間も長くなっていくので、脱毛サロンか医療クリニックでしっかりと脱毛するのがいいでしょう。

全身脱毛の効果持続には何回脱毛したらいい?

「何回脱毛したらいいか?」個人差がとても大きな問題。

ですが、ムダ毛が生えてくるサイクルやムダ毛の量などから目安の回数は得られます。

まずはムダ毛の生え変わるサイクルについて確認して見ましょう。

脱毛中に休止期だったムダ毛は生えてくる

体毛には生え変わるサイクルがあります。

成長期→退行期→休止期と段階を踏まえて、生えたり抜けたりを繰り返すのですが、脱毛の効果が得られるのは成長期の毛のみであり、退行期・休止期の毛には作用しないのです。

特に休止期の毛は皮膚の中で眠っている状態なので脱毛効果はナシ!

つまり休止期の毛は脱毛効果が得られないから脱毛期間が終わった後に成長期を迎えたら…?

脱毛完了したと思ったはずなのに新しい毛が生えてきた…(゜ロ゜)!!なんて事になります。

ムダ毛が生え変わるサイクルは体の場所によって違い、長いものでは何年というサイクルもあるので要注意です!

体の部位別!毛周期のサイクル
部位成長期休止期
ワキ3カ月~5カ月3カ月~5カ月
3カ月~5カ月3カ月~5カ月
4カ月~6カ月4カ月~6カ月
Vライン1年~2年1年~2年

また毛周期は個人差があり、年齢やホルモンバランス、生活習慣の乱れによっても変化してしまいます。

脱毛効果をどれだけ得られるかは、休止期の期間をいかに短くできるかどうかがカギとなります。

できる事と言えば、毛周期を崩さないように日頃から気をつける!ということです。

全身脱毛部位別の脱毛効果が持続する回数

光脱毛もレーザー脱毛も回数を重ねるごとに効果が持続する期間が増えます。

自己処理がほぼ必要なくなる一般的な回数を部位別でチェックしてみました。

自己処理が不要になるまでの回数
部位レーザー脱毛<医療クリニック>光脱毛<脱毛サロン>
両わき5回~6回12回~14回
6回~8回10回~12回
背中8回~10回12回~14回
太もも8回~10回12回~14回
6、7回10回程度
Vライン6、7回10回程度
IラインOライン8回~10回12回~14回

ほぼ満足できる回数まで行えば、1年~2年の間はムダ毛に悩まされる事はないでしょう。

自己処理が不要になるまでの回数を行えば、4年~5年はムダ毛が生えてくることはないと思われます。

<まとめ>全身脱毛は6回でも効果が持続するのか?

全身脱毛を6回すれば、自己処理の回数は格段に減ります

レーザー脱毛でも光脱毛でも効果は持続します。 2、3日に一度していたシェービングが2週間〜2ヶ月ほどの間隔で済むようになります。 自己処理がいらないくらいにしたいなら上の表の回数をしっかり完了させましょう。

でも脱毛が完了したと思って安心しない!

そもそも全身の皮膚表面に出ている毛は全体の3分の1と言われています。 脱毛完了後でもピョコっと数本生えてくることもあります。 1本のムダ毛も産毛もやっつけたいなら脱毛し放題なども検討してみましょう。

関連記事

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

キャンペーンでお試し脱毛しておけば間違いない!

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

月額制コースの仕組みを知ろう。どっちの月額制がおトクなの?!

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛の効果をあげるために注意しておきたい、してはいけないこと。


ページのトップへ