Iライン、Oラインの脱毛は自己処理から開放しよう!

IラインとOラインの脱毛は必要?自己処理よりプロに任せて脱毛したほうがずっと快適!

皆さんは、IラインとOラインのお手入れはどのようにしていますか?自己処理で済ませている人もいれば、全く何も手入れをしていないという人もいるのではないでしょうか。

しかしどちらも理想的な答えとは言えません。IラインOラインは脱毛するのが1番!脱毛のメリットは?そもそも痛いのでは?自己処理では何故いけないの!?

これらを理解して脱毛の必要性を感じたら、施術前の自己処理の為にもIラインOラインの正しい処理法を覚えておくといざという時に役立ちます。

1,Iラインの脱毛のメリット

自己処理の手間が省ける
  • Iラインは粘膜に1番近いので、カミソリや除毛クリームを使っての自己処理はかなり危険です。

毛抜きの場合は、強い痛みを伴うので1本抜いただけで冷や汗もの…。 脱毛すれば自己処理せずに済むので、とても楽です。

下着や水着からはみ出すことがない
  • 下着や水着からはみ出さないので、大胆なデザインにもチャレンジできます。

ムダ毛を気にせずに自分好みの下着や水着を選べる嬉しさ、そしてオシャレ度アップにも繋がるので女性としてはかなり魅力的に感じるメリットでしょう。。

衛生的
  • Iラインのムダ毛が無くなれば生理時の血液、つまり経血が付着することが無いので衛生的です。

さらにムレ対策にも繋がるので、気になる嫌なニオイからも解放されます。

下着や水着からはみ出すことがない
  • 下着や水着からはみ出さないので、大胆なデザインにもチャレンジできます。

ムダ毛を気にせずに自分好みの下着や水着を選べる嬉しさ、そしてオシャレ度アップにも繋がるので女性としてはかなり魅力的に感じるメリットでしょう。。

パートナーから好印象を持たれる
  • Iラインを“脱毛している女性”と“していない女性”、どちらのほうがより好印象を持つのか男性に聞くと、半数以上の人は「脱毛している女性のほうが良い」と答えるようです。

Vライン部分が無毛になるハイジニーナは抵抗感を抱く男性のほうが若干多いですが、Iラインに至っては逆に処理されていないほうがガッカリされる恐れあり!? 見えない部分だからこそ、きちんと手入れしていて欲しい…というのが男性の本音なのかもしれません。

2,Oラインの脱毛のメリット

Tバックなど大胆な下着でもはみ出さない
  • 大胆に攻めたはずなのにムダ毛がはみ出している…。

もしかすると、こんなパターンが1番恥ずかしいのかもしれません。 Oラインを脱毛しておけばムダ毛を気にせずに済むので、いろいろな下着にチャレンジすることができます。

衛生的
  • Oラインのムダ毛が無くなれば便などの排泄物の付着がなくなり、かなり衛生的になります。

夏場はムレやすくニオイも気になるOラインですが、ムダ毛を無くすだけで随分と解消されるでしょう

検査や診察の時に恥ずかしくない
  • 例えば大腸検査を行う際は、お尻からカメラを入れて検査します。

ということは、医師や看護師からはお尻は丸見え!という状態になります。 これは妊婦検査やお産の時も同じなので、男性に比べると女性のほうがお尻まで見られる機会は多いのかもしれません。 そんな時、やっぱり気になるのはムダ毛です。

キレイに処理していれば清潔感があるイメージを持たれますが、処理していないボーボーの状態だったら…?

医師も看護師もそんなところ気にしていないだろうけれど、見られる側としては気になってしまいますよね。

3,痛くて踏み出せない?IラインとOラインの脱毛

IラインとOラインの脱毛はしたいけれど、「痛い!」という口コミをよく見かけるから中々踏み出せずにいる…という人は何気に多いようです。

粘膜に近いし、デリケートゾーンだし、腕や足に比べれば若干の痛みはあるでしょう。

しかし、脱毛に踏み出せないほどの痛みなのか?と聞かれれば、決してそんなことはありません。

脱毛方法には大きく分けると、ニードル脱毛(針脱毛)・医療レーザー脱毛・フラッシュ脱毛(光脱毛)の3つがあります。

そしてこれらを痛みの強い順に並べると... フラッシュ脱毛<医療レーザー脱毛<ニードル脱毛 となります。

つまり痛みが1番弱いのはフラッシュ脱毛で、1番強いのがニードル脱毛というわけです。 フラッシュ脱毛はエステサロンや脱毛サロンで受けることができます。

例えば同じフラッシュ脱毛でも銀座カラーやエタラビで導入しているIPL脱毛は、効果が高く、レーザー脱毛よりも肌に優しいという特徴を持っています。

また脱毛ラボやミュゼ採用のS.S.C.脱毛は最初にジェルを塗ってから照射するので、肌に負担を掛けずに脱毛効果を得られます。

そして人一倍痛みに弱い人、ちょっとの刺激で痛みを感じてしまう敏感肌の人は完全無痛で施術が受けられるハイパースキン脱毛導入のディオーネがオススメです。

どの脱毛法に関しても効果は医療レーザー並みなので、痛みが少なくて済むサロンで始めてみると良いでしょう。

4,自己処理より脱毛サロンで脱毛した方がいい理由は?

「丁寧に自己処理していれば脱毛しなくても大丈夫なのでは?」と思う人もいるでしょう。

そんなことを思っているのは今のうち!! 自己処理が引き起こす肌トラブルを知れば、脱毛の必要性が重々と分かるはずです。

脱毛すれば黒ずみの予防にも繋がる
  • 自己処理は思っている以上に肌に負担を掛けてしまいます。

そして負担が掛かればメラニンが肌を守ろうとし活発になり、黒ずみの原因でもあるメラニンが大量に生成されます。 その結果、IラインOラインが黒ずみ化!! 一度できてしまった黒ずみを完全にクリアするのは難しいので、なるべく出来ないように努めるのが1番理想です。

肌にとっても良い
  • 自己処理は肌に負担を掛ける存在なので、回数を減らすだけでもだいぶ肌荒れなどのトラブルを防ぐことができます。

脱毛して完全に自己処理を無くせば、言うこと無しです。

自己処理の手間要らずで時間節約
  • IラインOラインは自己処理をするのが難しく、他の部位に比べると時間も掛かります。

自己処理の手間が無くなれば、その分、費やしていた時間が節約できるので、例えば今までIラインOラインの自己処理に20~30分掛かっていた時間を別のところで活用することができる、というわけです。

脱毛って完了するまでお金も掛かるし、お店まで行かなきゃいけないから大変…と思われているかもしれませんが、IラインOラインであれば4~6回通えば満足する効果を得られる人がほとんどです。

それに比べて自己処理はこの先、何回行うことになるのでしょう? これらを踏まえて長い目で見れば、脱毛のほうがメリット尽くし!と断言できますね。

5,Iライン・Oラインの正しい事前処理方法

サロン予約前日、前々日には必ず自己処理をしなければいけません。

サロンによって対応にバラつきはありますが無料でシェービングしてくれるところ、有料でシェービングしてくれるところ、そして剃りきれていない部分は避けて照射しているところがあります。 確実に脱毛してもらう為にも、正しい方法でしっかりと事前処理をするようにしましょう!

5-1.Iラインの正しい事前処理方法

まず使用するのは、Iライン専用のシェービングです。

普通のシェービングとは違い小回りが効くので、粘膜に近い部分も楽に処理することができます。

そして両足を開いて座った状態で、手鏡を使いながらゆっくり丁寧に自己処理してください。 Iラインの毛はモジャモジャしているので、1本1本引っ張りながらシェービングするとやりやすいでしょう。

5-2.Oラインの正しい事前処理方法

Iライン同様、Oラインも処理しづらい部位なので小回りの効くIライン専用のシェービングを使用するようにしてください。

まず手鏡を下に置き、Oラインが映るようにヤンキー座りをします。 そして鏡を見て、ムダ毛を引っ張りながら処理しましょう。

IラインOライン、どちらにしても自己処理はかなり恥ずかしい格好になります。

その為、実家暮らしの人はシェービングするタイミングを見計らいながら行うことをオススメします。

キレイに自己処理されていればシェービング代を請求されることも無いですし、避けて照射されることもないので結果的にスムーズに脱毛を進めることができます。

6,柔らかく毛が細くなるだけでも清潔感がアップ!

IラインOラインは他の部位に比べると硬くて濃いのが特徴です。

これは陰部という大事な部位を毛で守ろうとしているので、ごく自然なことなのです。 しかし大胆な水着や下着を着たい人、衛生さを重視したい人にとってはちょっと厄介な存在になっているかもしれません。

そこでオススメなのが脱毛です。

IラインOラインを脱毛すればあらゆる悩みやトラブルを解消できますし、得られるメリットも豊富で魅力的!

もし完全にムダ毛を無くすことに抵抗を感じる人は、毛量を減らしたり毛を薄くすることをゴールと考えて脱毛すれば清潔感がアップします。

だいたい施術2~3回目で自己処理の手間が省ける程度となり、施術5~6回目にはほとんど生えてこない状態になる人が多いので、毛量を減らしたい程度を希望する人は3~4回を目安にすると良いでしょう。

あとは実際に脱毛をしてみて毛の状態を見ながら進めていくと、理想のIラインOラインを手に入れられるはずです!

関連記事

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

キャンペーンでお試し脱毛しておけば間違いない!

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

月額制コースの仕組みを知ろう。どっちの月額制がおトクなの?!

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛の効果をあげるために注意しておきたい、してはいけないこと。


ページのトップへ