脱毛サロンの契約解除のルール

契約したけど脱毛サロンの契約解除のルール何らかの理由で通えなくなったり、不本意な契約をしてしまった時には契約を解除することができます。

でもルールを知らなければ大きな損をしたり、契約を解除できなかったりするかも…。 そんなことが内容に事前にこんな時はどうするの?ということをチェックしておきましょう。

1.契約解除の種類

契約解除をするには主に“クーリングオフ”か“中途解約”の2択になります。

契約してどのくらい経過しているのか、既に施術済みなのかによって決まります。

脱毛サロンは全身になると2年以上掛かることもあり、その間、引っ越しや妊娠、気が変わって脱毛を辞めたい!なんてこともあり得るはずです。 コースによっては高額になることもあるので、しっかりと契約解除についても知っておくようにしましょう。

2.クーリングオフ

  • 契約から8日以内であること
  • 契約の期間が1カ月以上であること
  • 契約金額が5万円以上であること

上記、3つの条件全てをクリアしていれば、どんな理由であっても契約金額の全額を払い戻しすることができます。 ちなみにクーリングオフは法律なので脱毛サロンに拒否権はありません。

では、具体的にどのような手続きが必要になるのか、そして気をつけなければいけない点について説明しましょう。

手続きの流れ

もう一度よく考えたら全身脱毛までしなくて良かったかな…、やっぱり家計が苦しくなるから契約解除したいな…と思ったら一刻も早くクーリングオフをしましょう。

その理由は、期限があるから! もし契約して8日経ってしまうと、クーリングオフが出来なくなってしまうので気をつけてください。

手続きをするのに、サロンへ電話を掛ける必要はありません。 便せん、もしくはハガキなど書面においての解除となります。

契約の解除通知
契約年月日     平成○年○月○日      ←契約した日付 商品名       ○○○○○○        ←契約したコース名 販売会社名     ○○○○○○        ←契約を交わしたサロン名   上記契約を解除しますので通知します。 返金振込口座    ○○○○○○○ 平成○年○月○日 住所    ○○○○○○○○ 氏名    ○○○○○○○

クーリングオフ通知書の書き方は「国民生活センター」のホームページにもあります。

あとは上記の内容を記載した便せん、ハガキを投函して指定口座に振り込まれるのを待つだけです。

クーリングオフをするにあたって気をつけておきたいこと
  • 契約した日付や内容などを正確に書く為にも契約書は捨てずに保管しておくようにしましょう。
  • 郵送する前にコピーを取って、郵送した日付も記載しておきましょう。
  • 「届いていない」というトラブルを防ぐ為にも、必ず簡易書留で送りましょう。
クーリングオフの良いところは直接サロンに電話をせず、「解約します!」と一方的に進める事ができるところです。 スタッフの上手い勧誘に乗せられて契約したけれど、直接断る勇気がない…という人には打ってつけかもしれませんね。

3.中途解約

契約してから8日を過ぎてしまったら…?

この場合、クーリングオフは適用されず中途解約の手続きとなります。

中途解約をする際にも一定の条件が決まっていて…
  • 契約期間が1カ月以上であること
  • 契約金額が5万円以上であること
この2つをクリアしなければいけません。

しかし近年では良心的な脱毛サロンが増えているので、5万円以下のコースであっても中途解約に応じてくれたりします。 この点に関しては、サロンによって対応が異なるので必ず確認しておいてください。

中途解約は基本的に違約金が発生します。

これは利用した側、つまり消費者側にも非があるということです。

「転勤になって引っ越ししなければいけなくなったから通えなくなった」「妊娠したからいつ通えるようになるのかも分からないし、この機会に思い切って解約しよう」など何かしらの諸事情によって通えなくなったケースはもちろん、「何度か施術したけれど、通うのが面倒になった」「他のサロンに乗り換えたい…」などこちら側の勝手な都合にも応じてくれます。

4.違約金

「中途解約できるのは分かったけれど、どのくらい返金されるの?」

この点に関しては、かなり気になりますよね。 回数消化分を差し引いた金額が返ってくると思われるかもしれませんが、実はそれ以外にも引かれる項目があるのです。

  • 解約手続きの際に掛かる解約手数料(契約金額の残金10%)
  • 銀行振込手数料

主にこの2つです。

自分で計算した金額よりも少ない!!という場合は、解約手数料や振込手数料が引かれている可能性大! ちなみにミュゼ・シースリー・キレイモは、この2つをサロン側で負担してくれるので余計な出費をすることなく残りの回数分の金額を返金してくれます。

5.解約でよくあるトラブル

聞いてないでは済まない、よくありがちなトラブルを知っておくこともまた大切です。

どのようなトラブルが起きるのかを知っておけば、予防にも繋がるので是非参考にしてみてください。

トラブルケース1

クーリングオフしようと思ったら、ハガキがサロンに到着したのは契約して8日を過ぎていて、途中解約扱いになってしまった!!

8日以内に間に合わなそうと思ったら速達で郵送するか、電話をするかなどの対応をすれば間に合っていたはずです。 クーリングオフと途中解約では返金額が異なる場合もあるので要注意!

トラブルケース2

自分が計算した返金額よりも少ない。

解約手数料や振込手数料が引かれている可能性があります。 一度、サロンに電話して聞くのが1番です。

トラブルケース3

解約手続きをしたのに返金されるのが遅い。

各サロンによっても異なりますが、返金されるまでだいたい2週間~3週間は掛かるようです。 3週間経っても返金されない場合はサロンに電話をして確認を!

6.各脱毛サロンの解約手続き

無料カウンセリングでも詳しい内容は聞けますが、ある程度の情報を入れておいたほうが数あるサロンの中から幾つかに絞りやすくなります。

脱毛サロンに1年、2年通い続けるのは当たり前! 何かあった時に満足できる対応をしてもらう為にも予め解約手続きについても知っておきましょう。

消化回数+手数料を差し引いた金額を返金。
主要人気サロンの解約手続き一覧表
サロン名解約手続き
脱毛ラボ ・中途解約OK 契約金額-(1回の単価×使用回数分)-解約手数料(契約金額の残金の10%)-1,000円(振込手数料)が返金される
・銀行振り込みで対応
ミュゼ・中途解約OK
残った回数分を全額返金。 解約手数料と銀行振込手数料は全てミュゼが負担。
エタラビ・中途解約OK
キレイモ 月額制の場合:2カ月以上継続していれば、いつでも解約可能。
回数制の場合:消化していない分は全額返金。 解約手数料と銀行振込手数料は全てキレイモが負担。
シースリー ・中途解約OK 未消化分を全額返金。 解約手数料と銀行振込手数料は全てシースリーが負担。
銀座カラー ・中途解約OK 支払済契約金額-(1回当たりの脱毛料金×脱毛した回数(6回まで))-未使用料金の10%(上限2万)
Jエステ ・5万円以上のコースの契約であれば途中解約OK
・初回施術済と未施術では解約手数料が異なるものの返金可能
エステティックTBC ・5万円以上、2か月以上のコースは中途解約OK
・フリーダイヤルにて契約事務センターに繋がるので、直接電話をすれば簡単に解約できる

どのサロンにおいてもクーリングオフは対応してくれます。

しかし中途解約になると、条件を満たさないと返金してくれないサロンも中にはあります。 ミュゼ/キレイモ/シースリーが手数料なしで中途解約できるのは、とても良心的に感じます。

関連記事

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

キャンペーンでお試し脱毛しておけば間違いない!

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

月額制コースの仕組みを知ろう。どっちの月額制がおトクなの?!

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛の効果をあげるために注意しておきたい、してはいけないこと。


ページのトップへ