脱毛サロンのクーリングオフの実際のやり方

「脱毛サロンに勢い余って当日契約してしまったけど、よく考えたらやっぱりやめたい・・・。」

「家に帰ってから親に言ったら猛反対されてしまった」

そんな時にはクーリングオフ制度というものがありますが、実際にそうなった時にキチンとできるのか不安。 脱毛サロンでの契約ではどんな段取りでクーリングオフを申しこめばいいのか実際の手順を紹介します。

クーリングオフに条件はあるのか?

クーリングオフの条件はたった3つです。

満たさないといけない条件とは・・・

契約期間が1カ月以上であること

契約金額が5万円以上であること

契約をした日から8日以内であること

この3つのみ。

クーリングオフの理由は何でもいい

条件さえ満たされていれば、「やっぱり通うのが面倒そう…」といったような勝手な理由であっても全額返金してもらえます。 『何でそんなに良心的なの!?』と逆に疑う人もいるかもしれませんがクーリングオフは法律であり、契約してから消費者が頭を冷やし考え直す期間を設ける為に国が導入した制度です。

だからこそ、サロン側でも条件が満たされていれば違約金なしで契約解除に応じなければいけない、という義務があるのです。

サロンによってはコースやプランなど様々ありますが、契約金額が5万円以上でどのコースもクーリングオフの対象となります。

こんな脱毛サロンはクーリングオフしていい

  • 1.勧誘がひつこくて契約するまで帰れないと思った
  • 勧誘がないという脱毛サロンに行ったのに、今回は断ろうと思って、お金が・・・」など理由をつけて断ろうとしても代案を出されて仕方なく契約してしまった。

    なんていうときはもちろん押しの強さに負けても仕方ありません!

    あっさりクーリングオフしてスッキリしましょう。このようなサロンだとコースが終了しそうになったらまた新しい契約をおすすめされる可能性大です。

  • 2.店員の態度が悪い
  • 思っていたプランより少額の契約にしてしまったり、体験コースだけにした時などに急に店員の態度が豹変するサロンもあります。

    スタッフの雰囲気が悪いサロンは通っても楽しくないしストレスになるサロンは必要ないです。

  • 3.きちんとした契約の説明がされなくて不安なとき
  • 決まった説明しかしてくれなくて、後で契約書見たら説明されていないことが書いてあったりするサロンは要注意。

    あとからトラブルに発展する可能性が出てくるので、聞いたことにあやふやな返答や説明不足な場合は一度白紙に戻しましょう。

月額制プランはクーリングオフできない?!

月額制の場合、大金を一気に支払う必要がないのでクーリングオフの対象外となります。

解約したい場合は1か月前に解約手続きをすれば、翌月分が引き落としされることなく辞める事ができます。

しかし月が変わってしまうと月額料金は引き落としされ、一定の条件をクリアしないと辞めることが出来なくなるので気をつけてください。

ちなみに一定の条件とは…例えばキレイモなら2カ月、脱毛ラボなら8カ月継続が鉄則となります。

しかし、この期間を過ぎればいつでも辞める事ができるので、少ないリスクで済むと言えるでしょう。

医療クリニックの脱毛はクーリングオフの対象外?

脱毛サロンでの契約はクーリングオフの対象になりますが、同じ脱毛の施術を受けられる医療クリニックは医療行為にあたる為、特定商取引法の対象外となります。

つまり医療クリニックでクーリングオフすることは不可能!という事なのです。

これってかなり衝撃的ですよね。さらに医療クリニックの中でも返金保証のないクリニックで契約した場合、解約・返金は難しく、例え途中解約できたとしてもお金は1円も返ってきません。

契約する際は返金保証がある良心的な医療クリニックを選ぶことが最低限となりますが、リスクなしで辞められるクーリングオフが使える脱毛サロンを選んでおくのが何かあった時には心強いですよね。

実際のクーリングオフの仕方と手順

クーリングオフなんて難しそう…と思うかもしれませんが、実は意外に簡単でやろうと思えばすぐにでも出来るものです。

では、どのような流れで進めるのかチェックしてみましょう。

まず始めに、クーリングオフをするのに弁護士や行政書士など第三者に依頼する必要はありません。 あくまでも契約者と契約側とのやり取りで完了することができます。

簡単にクーリングオフの流れはこうです。

解約したいコースの契約書を用意する

ハガキや便せんにクーリングオフをしたいという旨を書面に記載

郵便局にて「特定記録郵便」「簡易書留」「内容証明」で送付

振り込みを待つ

クーリングオフの良いところは一方的に解約手続きができるので、「クーリングオフしたいと言ったら違うコースを勧められそう・・・」「スタッフの態度が豹変しそう・・・」といった不安を抱えることもないのです。

クーリングオフをスムーズに進める為には、契約内容が書かれている契約書をしっかりと保管しておくこと、送付する前にコピーを取っておくこと、「サロンに届いていない!」というトラブルを防ぐためにポストに投函するのではなく郵便局にて「特定記録郵便」または「簡易書留」で送付することが重要となります。

また、ハガキや便せんに書く内容は……

契約解除通知書
契約日   :平成○年○月○日                   ←契約した日付 契約会社名 :○○○○○                     ←脱毛サロンの名前 担当者名  :○○○○○            ←カウンセリングを担当したスタッフ名 契約内容  :○○○○コース                ←契約したコース・プラン 契約金額  :○○○○円                         ←合計金額 上記の契約を解除いたします。 日付    :平成○年○月○日                   ←送付した日付 契約者名  :○○○○○○                       ←自分の名前  契約者住所 :○○○○○○                       ←自分の住所 振込口座  :○○銀行○○支店○○預金 口座番号○○○○○○       ←返済希望の場合 ここまで細かく記載すれば、トラブル無しでクーリングオフ出来るはずです。 他にも国民生活センターのホームページなどでも、書面の書き方について説明しているので参考にしてみてください。

電話で伝えるだけでもいい?

クーリングオフは電話で伝えるだけでは成立しません。

何故、電話だけではダメなんでしょうか?

それはズバリ、トラブルに発展する可能性があるからです。

電話だと証拠が残せないので言った・言わないということや、録音などしておいたとしても電話した日にちなども証明するのが難しいです。

確実にするならやはり確実にできるはがきや便箋など残せるもので、「特定記録郵便」または「簡易書留」でサロン側が受け取った証拠を残すことが大切です。

前払いや内金がある場合の行方は?返金してもらえるの?

もちろん速やかに返金されなければいけないことになっています。

契約時に手付金や内金、前払い金を支払ったというケースは少なくありません。

お金を支払った後にクーリングオフをした場合、契約は解除されるので当然支払ったお金も全て戻ってきます。

もし返金されない場合は違法行為になるので、クーリングオフをする際に必ず確認するようにしましょう。

サロンごとに返金の時期や方法はちがうの?

返金の時期や方法について各サロン、大きな違いはないようです。

返金方法・返金の時期
クレジット決済カード会社にも通知する必要あり。 ただし請求が確定してしまった場合は、サロン側から1~2週間後に口座に入金される
現金払い・前払い金2~3週間ほどで指定の口座に振り込まれる。
電話での問い合わせ各サロンに専用コールセンター有

どのサロンでも支払い済みの料金を現金で返すことはありません。

全て口座に振り込まれるか、クレジットカード引き落としがキャンセルになるかのどちらかです。

また各サロンには専用のコールセンターも完備されているので、気になる事があれば些細なことでも聞くようにしましょう。

送り方は内容証明書とハガキどちらが良い?

どちらでも可能ですが、内容証明書のほうがより確実です。

内容証明書とは①誰が②いつ③どのような内容の文章を④誰に⑤いつ受け取ったのかを、郵便局長が証明してくれる手紙のことです。

相手が受け取っていない、届いていないという言い訳を出来ないようにし、同時に相当な心理的なプレッシャーを与えることが出来ます。

更に内容や差出しの日付を郵便局が公的に証明してくれるので、万が一訴訟に発展してしまっても強い証拠となります。

郵便局の窓口で中身を確認してもらうので封をしないで持っていくようにしましょう。

契約書の有無について

契約書が無くてもクーリングオフをすることは可能です。わざわざ店舗に契約書を送ったり、郵送する必要はありません。

ただ1つ注意点があるとするなら、クーリングオフをする際の通知書には契約した日付やコース、金額を書かなければいけません。

これらは全て契約書に書かれていることなので、もし紛失したり既に捨ててしまった場合は店舗またはコールセンターで内容を確認するようにして間違わないように気をつけましょう。

契約から8日以内とはどの段階?

クーリングオフをするには条件があり、その中の1つに “契約日から8日以内であること”が条件の1つに挙げられています。

「8日以内ということは、いつから数えなければいけないの?」と思いますよね。 起算日は契約書交付から、つまり脱毛サロンと契約を交わした日から数えられます。

分かりやすく説明すると……

例えば、12月1日に無料カウンセリングを受けた後に契約したとします。

12月1日を1日目とするので、12月8日までにクーリングオフの旨を伝えなければいけない、ということです。

書面が到着する日ではなく、消印が押された日が有効になりますが余裕を持ってクーリングオフすると安心です。

認められなかった場合はどうすればいい?

クーリングオフが間に合わなかったり、適用されなかったら…?

その場合は、中途解約で契約を解除することができます。 中途解約はクーリングオフのように全額返金は見込めないものの、多くても契約金額の2割程度の損失で済む場合が多いです。

また既に何回か施術を受けている場合は、残った回数分を返金してくれます。 基本的には残った回数分から更に、“解約手数料”や“銀行振込料”を差し引かれた金額が返金されますが、ミュゼやシースリー、キレイモはサロンが負担してくれるので良心的!

脱毛サロンに不満を感じたり、脱毛の必要性が無くなったり、何かしらの理由で通えなくなった場合は1日でも早くサロンに解約の旨を伝えましょう。

脱毛サロンの契約解除のルール

契約プランが該当するかの確認をしておこう

契約する前に必ず無料カウンセリングを受けます。 その時、必ず自分のプランやコースが該当するのか確認するようにしましょう。

  • クーリングオフ制度の対象の契約なのか?
  • 違約金や契約解除金は発生するのか?
  • 発生するとしたら、どのくらい請求されるのか?

最低でもこの3つは質問して、納得いく返答を貰うようにしてください。

あとは心構えとして、即日契約でなくても断ってもいいので冷静に判断するようにしましょう。 この脱毛は本当に必要なのか?、高額過ぎないか?…など、自問自答してみては!?

クーリングオフの必要がない脱毛サロン

クーリングオフの必要がない、そんなサロンがあったら?もちろん条件がばっちりで契約に満足できるのならいいですね。

リスクがない契約が一番です。

お試ししてから契約できるサロン!良いところ悪いところ

関連記事

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

いきなり全身脱毛はこわい!お試しコースがおすすめ脱毛サロン

キャンペーンでお試し脱毛しておけば間違いない!

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

いつでもやめられるわけじゃない?2種類の全身脱毛月額制

月額制コースの仕組みを知ろう。どっちの月額制がおトクなの?!

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛前・脱毛当日・脱毛後にしてはいけない注意点

脱毛の効果をあげるために注意しておきたい、してはいけないこと。


ページのトップへ